学生向けお役立ち情報

獣医師にはどんな就職先があるの?

獣医師になった暁には、以下のような就職先があります。
皆さんのイメージ通りのもの、意外!と言うようなもの、結構幅広い就職先があります。
人気は小動物臨床地方公務員です。地元に帰っての就職が希望という意味では、両者とも希望が叶う就職先となるでしょう。

この記事の目次
  1. 1.小動物臨床

1.小動物臨床

いわゆる動物病院です。主に犬猫を診療しますが、エキゾチックと呼ばれるうさぎや小鳥、爬虫類を専門に診る動物病院もあります。
職場環境では昔は3K(死語ですね)と言われる職場でしたが、今はかなり改善されています。

動物病院にもいろいろな種類があり、いわゆる企業系動物病院と個人の動物病院、大学病院に分けられます。
企業系動物病院はイオンなどの国内資本の動物病院とマースグループの海外資本の動物病院があります。
海外資本の動物病院はM&Aで増えていますが、表向きは今まで通りの個人動物病院ですので、病院名を見ただけではわかりませんし、場合によってはスタッフも知らないことがあります。

個人の動物病院でも何件かの分院があるグループ化動物病院や、獣医師が10数人いる大規模な動物病院があります。
大学病院は研修的な意味合いもあり、大学の延長線と言えます。

仕事内容はいずれも小動物の診察ですが、病院によっては下積みを課すところもあり、1年目は犬舎掃除で明け暮れる場合もあります。
キャリアパスとしては、勤務医の継続や開業です。
近年、勤務医でも年収1,000万円を超えることが可能になっていますので、開業リスクを取らず勤務医を望む人も多いです。