スタッフの声

大学6年次の実習がきっかけで就職先に選びました。

  • 獣医師
  • 正社員
  • 遠山和哉 さん
  • (2019年入職)
  • 入職について

    入職のきっかけを教えて下さい。

    実習がきっかけで就職先に選びました。大学6年次に実習先の病院を探していた際に、山梨に実家がある友人が「ここの病院良かったよ」と教えてくれました。実際に3日間の実習に来てみたらすごく雰囲気が良く、ここで働きたいなと思いました。

  • 数ある同業種の中でノア動物病院を選んだ決め手はなんですか?

    就職活動でいくつかの病院へ実習に行かせてもらった中で、雰囲気が一番良かったことです。あと、私は朝がちょっと弱いので、ここは始業時間が他院と比べて少し遅めだったことと寮がすぐ隣にあるので出勤までに余裕があることも決め手の一つでした。
    元々、規模が大きくいろんな経験が積める病院に絞って実習先を選んでいたので、そういう意味ではどこも魅力的な部分がある中で他院にないものがノア動物病院にありましたね。

  • 待遇面・マインド面・働きやすさなど、ノア動物病院に入職して良かったなと思うことはなんですか?

    すぐ近くの寮に住めるので朝は余裕を持って出勤できることですね。
    休みの日でも、勉強のためにフラッと病院に来て勉強したり手術を教えてもらいながらゆっくりさせていただいたりと、プライベートでも仕事に関する勉強が自由にできるのは魅力的だと思います。
    待遇面においても、八王子分院へ行く時はちゃんと出張費が出ますし、賞与もありますし保険もしっかりあるので、安心して働けます。

  • 仕事について

    現在、主にどんな業務をされていますか?

    主に小動物診察です。犬猫中心ではありますが、うさぎやエキゾチックアニマルについても勉強しながら診察や手術、検査をしています。
    まだ入職して日が浅いので、知識的な面も経験的な面も、先輩にフォローしてもらう部分が多々あります。ですが、飼い主さんとお話をするときは一人の獣医師として堂々と接することを大事にしています。飼い主さんを不安にさせてしまわないように相手の目線に立ち、動物にもしっかり寄り添っていこうと、獣医師になる前から心がけていましたので今も意識して業務に臨んでいます。

  • お仕事において、やりがいやモチベーションに繋がっている事はなんですか?

    一番は飼い主さんの「ありがとうございます」「元気になったよ」というお声です。退院していく動物を見るときは「やってよかった」という気持ちになりますし、やりがいになっています。
    自分自身、まだまだまだ勉強している立場ですが「ありがとう」と嬉しい言葉をいただけると成長できていることを感じますね。また、初めて実践する手術を「習得出来たな」と感じる瞬間は楽しいです。

  • (ぶっちゃけ)辞めようと思ったことはありますか?

    本気で職場を変えようと悩んだことは今のところありません。
    勤務体制などで体力的に疲れたときや、まだ何も出来ない1年目のときに指導されてばかりと感じたこともありましたが、それがきっかけで辞めようとは思わなかったです。
    キツイと感じる部分はもちろんありますが、私は就職する前から「とりあえずそこの病院で学べることは全部学んでから、辞めるか悩むようにしよう」と思っていました。
    小動物臨床は離職率が高く、1年目で辞める人が圧倒的に多いと大学時代からずっと言われてきました。「病院と合わない」「人間関係」などがよく挙げられる理由ですが、私は本人の気持ちの問題じゃないかと思っています。実習で病院へ行きますが、どの病院にもいい部分があれば入職して時間が経たないと見えてこない部分もあると思うので、気の持ちよう次第ですよね。
    良い部分も悪い部分も「自分の成長のためだ」と割り切って仕事をしよう、と入職前から思っていたので、多少「きついな」と思うことがあってもそれで辞めようとは考えていません。

  • ノア動物病院について

    ノア動物病院の自慢をお願いします!

    よく笑い合っていることです。プライベートの話もしますし、寮に住んでいるスタッフとも仲良いですし、みんなで一緒に呑みに行くこともありますね。スタッフ同士の仲の良さ・雰囲気の良さは自慢です。
    実習で楽しそうに仕事をしているように見えていましたが、実際に入ってみてもあの時の雰囲気のままで安心しました。

  • 林院長の自慢をお願いします!

    実習のときから感じていたことは、院長という立場の人へ気軽に声をかけにくいイメージがありましたが、林院長は自ら冗談を言ったり面白い話を振ってきたりとフランクで話しかけやすいです。なので、分院や本院で気になったことも気構えずに相談ができますね。

  • 働く仲間の自慢をお願いします!

    本院の方たちはとにかく元気です。いつでも年中元気だなと思います。
    職場の雰囲気が悪く、疲れきって暗くなっている、ということが無いので、そこは自慢です。
    スタッフ間のコミュニケーションや思いやりが社風にあるのですが、みんな無意識にそれを取り入れて仕事をしていますね。

  • あなたが飼い主さんだとしたら、ノア動物病院をどんな病院だと思いますか?

    規模で見ると山梨県で一番大きい病院ということと、夜間診察を普段からしている病院がここしかないということがこの病院を選ぶ大きな理由になると思います。
    自分が飼い主さんだったら、年末年始も開いていて夜も受け付けていて電話も常に繋がる病院があると、家から多少遠くても何かあったときの頼れる存在になってくれると感じます。たとえかかりつけの病院が他にあったとしてもこんな病院が地元にあると安心できますね。

  • あなたについて

    あなた自身の性格を一言で表すなら?

    小さい頃から両親や周りの人から「好きなことがあるとのめり込んでいくタイプ」と言われてきました。周りが見えなくなるくらい集中してのめり込むという自覚は自分でもあります。
    学生時代も、勉強をはじめて気づいたら何時間か経っていたり、趣味の楽器や作曲をやりだしたら朝になっていたりしました。今も趣味でも仕事でもやりだしたら止まらないです。

  • 入職時のあなたから見てみて、今のあなたはどう成長していますか?

    朝が弱かったとお話しましたが、体力的にも精神的にも、2〜3年経ってやっと気持ち的に大人になれたのかなという気がしています。
    社会人になると、どんなに疲れていようが寝不足であろうが、決まった時間に仕事に行って決められた仕事を当たり前のようにできる体に徐々になってきた自覚があります。

  • これからやってみたいこと・チャレンジしたいことはなんですか?(仕事でもプライベートでも!)

    外科の方に興味があるためその知識や経験を積んでいきたいです。やったことのない手術なども先生に見てもらいながら実際にチャレンジできる環境があるので、新しい何かというよりは自分ができないこと・知らないこと・やったことないことは何でも全部やっていこうという気持ちでいます。

  • 採用について

    どんな人が入職されたらうれしいですか?どんな人と働きたいですか?

    一言で言ったら「やる気のある人」ですかね。飼い主さんのために仕事を頑張ろうと思う気持ちももちろんですが、どの部署においても個人のスキルアップができる環境だと思うので、スキルや知識を磨こうという向上心のある人と一緒に働きたいですね。

  • 入職希望の方にメッセージをお願いします!

    私もまだまだ成長しなきゃいけない立場なので、一緒に高め合えるような関係なれたら嬉しいです。ぜひ、ノア動物病院で一緒に切磋琢磨できたらと思います!

  • その他

    好きな動物を教えてください!

    猫一択です。
    もちろんワンちゃんも好きだしウサギさんもかわいいし、ハムスターさんもかわいいと思うんですが、私が獣医師になろうと思ったきっかけは実家で飼っていた猫なので、猫にはやっぱり一番思い入れがあります。
    実は、小学生低学年くらいまで動物が大の苦手で、犬や猫がいたら避けて歩くくらい動物が苦手でした。そのなかで親が猫を引き取ってきてしまって「猫が家にいるなんて嫌だ」と泣きじゃくった記憶があります。飼い始めて半年ぐらい経って慣れてきた頃にある日突然価値観が変わって「かわいいな」と思うようになりました。
    それ以降は「猫が大好きな人」と周りから認識されています。
    猫って何を考えているか分からないところがいいですね。芸もしなければ媚びもしないですし、言うことも聞かないんですけど、そこがなんかいいんですよね。