ノア動物病院の理念

ノアの究極目標

私たちの想い

私たちは、すべての人間たち、動物たちに救いの手を差しのべます。

私たちの願い

皆さんと共に、明るい未来が開けるように、すべての人、動物が幸福になるように!

私たちの目標

クライアントの笑顔を常に見ること!

ノアのモットー

” ノア動物病院の代表として、ノアスタッフらしく振る舞うこと “

私たちは、すべてのクライアントや動物たち、そしてスタッフ一人一人に対して、いつも“しんせつ・ていねい・おもいやり”をモットーに接します。
モットー(motto)とは、私たちの行動や態度のすべてにおいて基準となる指針です。
クライアントや動物に接するときだけではなく、スタッフ間、院内、すべてにおいて常に意識して行動することが求められます。
クライアント(Client)とは、来院された飼い主さんだけではなく、その飼い主さんの家族全員を意味します。来院される飼い主さんは“家族の代表者”です。
クライアント(家族の代表として来院された飼い主さん)と接する私たちも“ノア動物病院の代表”として接していることを心がけます。
スタッフには常に、“ノアスタッフらしく振る舞うこと”が求められています。

ノアで働くスタッフ

ここはノアの方舟です

院長

皆さんこんにちは。ノア動物病院院長の林文明です。
当院は1990年2月28日山梨県甲府市城東で産声を上げました。翌年5月には伊勢病院、2000年3月には八王子にノア動物病院を開院し、2004年6月に甲斐市ペットフィールド内に敷島病院を開設し、2021年現在、4件の病院を壮大な夢の元に運営しております。

ノア動物病院の”ノアマーク”は「ノアの方舟」をイメージしてデザインしました。
私たちは、「すべての動物たちを救いたい!」という強い想いをもっています。ごく普通のことを、ごく当たり前に、自分の家族にするのと同様に行っているだけなのです。しかし、そのくり返しが動物たちを「ノアの方舟」に乗せることにつながっていると信じております。

ノア動物病院ロゴ画

皆さんが、獣医師を志そうと思ったきっかけはなんですか?
私が獣医師を目指す一番大きなきっかけになったことは、飼っていた動物が亡くなったことです。それも、手術をして「もう大丈夫だよ」と言っていただいて退院をした2日後に亡くなってしまいました。
当時はまだ子どもでしたが「こんな悲しいことが起きるのなら自分で動物を救えるようになりたい」と思い、その一心でここまでやってきました。

きっと皆さんもそれぞれの想いや一人ひとりストーリーがあって獣医師を目指されたことと思います。
獣医師大学の学生のうち約80%は小動物臨床を目指して入学しています。しかし、就職をする頃になるとその割合は50%近くまで下がります。
6年間でより学びたいことや興味を抱いた分野と出会えたことは何よりです。
ですが、動物病院における小動物臨床に対して「キツい」「大変」「競争が激しい」などのマイナスな感情を抱いて入学時の夢を諦めてしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

大変なことや悩むことはもちろんあります。しかし、命を預かる現場で得られる経験とやりがいはそれ以上に大きいものです。
私は院長として、皆さんが「理想の獣医師」になるお手伝いを、そして人生がより充実になるサポートをしてまいります。
制度の面でも、教育面でも、長く勤められる環境です。
動物の命を救いたい
最初に獣医師になりたいと思った時の気持ちをもう一度思い出しながら、当サイトを読んでいただけますと幸いです。

受付の様子